« 大阪教室作品展8 | トップページ | この場所で咲け »

2015年11月19日 (木)

舞台裏は地味

どんな世界でも、なんでもそうだと思うけど
何かを成し遂げるための裏方は、
とても地味で根気作業の繰返し。

私もペインターとして
作品販売、展示、講習、本の制作等をするに辺り
小さな積み重ねをしております。

今回は日本橋三越に向かって集中的に頑張ってるけど
それが終わっても地味な裏方作業はずっと続けないと
仕事として成り立たないわけです。

でもこの裏方作業が私には向いてるので
出来れば裏方を担当し、表舞台は誰かに代わって欲しいです。(^^;、

夏から図案を考えて何度も失敗しては修正しての繰返し。
42枚のオーナメントはオリジナルカットにこぎつけ、
48枚のパネル達はまだまだ作業中。

1447885449865.jpg

レジンでコツコツ作りためた雪の結晶たち。
これが繊細過ぎて失敗もしちゃうんですよね。

1447885447534.jpg


100本のセダムたち色々。
茎のある多肉植物も、プラバンでどんどん作れます。
寄せ植えの脇役はたくさん必要。


1447885450748.jpg

1447885451374.jpg

時々訪れる
地味な作業が報われる瞬間↓


1447886081610.jpg


実物は三越でじっくりご覧くださいね。
プラバンと言わなければ多分わからないですね。


以上舞台裏現場から岸本がお伝えしました。
表舞台では、完成した作品達が輝きますように‼


|

« 大阪教室作品展8 | トップページ | この場所で咲け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63401/62576004

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台裏は地味:

« 大阪教室作品展8 | トップページ | この場所で咲け »