« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

セミナー中

セミナー中

望月&くまがい&私のトリオセミナーはすごく順調だよ☆

今2時だけど完成間近かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

裏も有効活用

裏も有効活用

ブース裏も人が通りそうなので
うまく飾りました☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

カントリーカーニバル搬入

カントリーカーニバル搬入

福岡メンバー数人と一緒にブース作りをしました
ちょっと狭いんだけどなかなか可愛い感じになりました!

他にも本当に可愛いお店がいっぱいだから
お近くの方々は遊びに来てね〜(^O^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

立ち読み

皆さん、ブログへのご訪問&コメント、大変感謝します

ありがとうございます。

時間の関係でなかなかレスも付けられずお許しください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、いつそんなに本を読んでるのか?と

たくさんの方に聞かれます。

えっとですね、一番多いのが乗り物(電車・飛行機)かな。

家ではほとんど読めないので、トイレとお風呂、あとキッチンでちょっと手が空いた時。

で、私は当たり前のこととして、電車の中で立っているとき、エスカレーターに乗ったとき

本を読んでいたんだけど

昨日名古屋の生徒さんたちが声をそろえていうには

電車の中で立って読む人は、名古屋にも関西にもいないらしい。

Uさんなんて、東京に出るたびにびっくりするのは、

みんなが電車の中で立ったまま本や新聞を読んでることだって!!

東京の人は立ったまま、本を読んでるってすごく驚いたみたい!

私なんか、20歳のころからそれって普通のことだと思ってたんだけど・・

電車の中で何もせずにボーっと立ってることは苦痛だけど

本があれば時間がすぐ過ぎるし立ってることも辛くない。

だから通勤通学に電車で立ち読みは当たり前という感覚だったんだけど

これって東京だけだったのね~。

知らなかった知らなかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

東野圭吾の本

ここ数ヶ月東野圭吾の本しか読んでいない。

手元に彼の本がないと不安で不安で、いてっもたってもいられなくなり、その不安感が恐ろしいので本屋で片っ端から買っておく。(最近は東野圭吾ファンの生徒さんから借りたりして、私の周囲には東野ファン増殖中!!)

まだ読んでない彼の本が家に積んであると「あー、この本を読み終えても次にこれが読める」と思い、すごく安心するのだ。ほとんど病気であるσ(^◇^;)

何が面白いかと言うと、とにかく期待を裏切らない展開とラストの余韻。計算されつくしたような無駄のない伏線の数々。

人物像の的確な表現、理数系の頭脳を使ったありえないけどありえそうな内容。そして心にずーんと静かに響いてくるような感動。

さらに、老若男女問わずどの人物を描かせても、すごく無理がない流れで、セリフも巧くてどんどん引き込まれてしまうのだ。まさに読み出したら止まらない!私よりひとつ年上のこの作家の頭の中はどうなっているんだろうか?と驚嘆せずにはいられない。

数ある作品の中で、私がお勧めしたいのは

「時生」

出てくる人物の個性が光っていて、その登場人物の掛け合いで思わず笑ってしまう場面を入れつつ、先へ先へと読ませていく。そして全体を包む重く切ないテーマ。家族。子供。病気。命。思いっきり泣いて泣いて読み終えた後の切なさ。余韻。(2年以上も前にNHKの夜ドラマで放映されたらしい。私は知らなかったけれどDVDになっていると言うのでそれも観たいなぁ!)

この「時生」が今まで私が読んだ東野圭吾の中ではBEST1!!絶対に読んで損はしないから、まだ東野圭吾を読んだことがない人もある人も是非一回読んでみて!

もうひとつは「殺人の門」

これを人に勧めると、何か恐ろしい話なのかと引かれてしまうんだけど、そんなことはない!淡々とした何の大事件も出てこない小説なのだ。推理作家にとって、派手な事件の出てこないこんな小説を読み手に読ませるように描くことはよほどの力量が必要らしい。東野圭吾はそれをやってのけた。しかも相当面白く緻密に!!読み出したら止まらない。

と言うことで、東野圭吾を語りだすと最近の私はついつい熱くなってしまう!

ここ数ヶ月の間に私が読んだ東野作品は↓

  • 放課後(講談社, 1985)★★★★
  • 白馬山荘殺人事件(光文社, 1986) )★★★★
  • 11文字の殺人(光文社, 1987) )★★★★
  • 魔球(講談社, 1988) )★★★★★
  • 鳥人計画(新潮社, 1989) )★★★★
  • ブルータスの心臓(光文社, 1989) )★★★★★
  • 宿命(講談社, 1990) )★★★★★
  • 変身(講談社, 1991) )★★★★★★
  • 同級生(祥伝社, 1993) )★★★★★
  • 分身(集英社, 1993) )★★★★★
  • パラレルワールド・ラブストーリー(中央公論社, 1995) )★★★★
  • 天空の蜂(講談社, 1995) )★★★★
  • 秘密(文藝春秋, 1998) )★★★★★★
  • 私が彼を殺した(講談社, 1999) )★★★★
  • 白夜行(集英社, 1999) )★★★★★★
  • 嘘をもうひとつだけ(講談社, 2000) )★★★★
  • 予知夢(文藝春秋, 2000) )★★★★
  • 片想い(文藝春秋, 2001) )★★★★★
  • レイクサイド(実業之日本社, 2002) )★★★★
  • トキオ(講談社, 2002)(『時生』に改題) )★★★★★★★★★★
  • ゲームの名は誘拐(光文社, 2002))★★★★★
  • 手紙(毎日新聞社, 2003) )★★★★★
  • 殺人の門(角川書店, 2003) )★★★★★★★★★

は、一応お勧め度なんだけどはずれがないのでどれを読んでもOK!

どれひとつとっても買って損した、面白くなかったと言うのはない。はずれがひとつもない作家、というのは初めてかな。(林真理子もほぼはずれ小説はないけれどね!)東野圭吾全作読破はもうすぐだ~~。でも、もし全部読んじゃったら、私はどうしたら良いんだろう?何を買ったら良いんだろう。これ以上に面白い本に出合えるのだろうか?不安だ!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007年1月22日 (月)

白磁ペイント

白磁ペイント

ヴォーグ教室の後で白磁ペイントの体験してみた!
ひと月前に頼まれていたので、ざっとデザインを考えて、
私が使うならこんな感じでとイメージしたものを描いてみた(^O^)

約2時間でこのセットを仕上げたんだけど、

図案無しでサラサラと筆が進み、とても楽しかった!

なんか、「お試しで描いたと言うより、職人が描いた売り物みたい」

って担当者に褒められて嬉しかった(^。^)

磁器にペイントというのも初体験だったけど、

私がストロークで描く花々って、こんな絵付けにすごく向いているかも☆!

これから焼付けをするともう少しクリアになって艶も出て、

もっと良い感じになるんだそうで楽しみ楽しみ!

次はもう少し知識を身につけて、センス良くできたらよいなぁp(^^)q

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

月島もんじゃ☆☆

月島もんじゃ☆☆

今日はヴォーグの生徒さん達+αで月島もんじゃで新年会でーす!

撮影用にハート型もんじゃをromiちゃんが作ってくれました。

呑んでる場合じゃあないんだけどビールが進む!

たまにはこんな時間も楽しいね(^O^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

世田谷ボロ市

先日、Fさん宅を訪問の折、世田谷ボロ市に繰り出した。

と言ってもあまり時間もなくて、私たちが見たのはメイン通りより外れた、触りの部分て言う感じだったんだけどね。。。Fさん宅からは徒歩数分。んも~~、都会に住んでるFさんが羨ましい!

このボロ市、得体の知れない感じの露天で得体の知れないものが売られていた。

中には、お値打ちの骨董品やアンティーク、手作り品などもあったんだと思う。

じっくりゆっくり時間をかけて歩いて見るときっといろんな発見があって楽しいんだろうな~

そんな慌しいなか、ちょっとだけお買い物!I

フランスのアンティークレースやドイリーがとても可愛くてお安かった!

お店の前で散々あれこれひっくり返して、迷った挙句帰りかけ、

やっぱり買わないと後悔するかな~と、また戻って結局値切りつつ5枚も買ってしまったσ(^◇^;)

自分で編むこともできるんだけどその時間と手間など考えると、買ったほうが得なんだよね、私の場合。

休日の昼下り、良く片付いたお部屋の中でゆったりとレースを編む、そんな暮らしが理想だけど、まあ、それは老後にとっておこう!

で、最近トールで描くことにも凝ってるこんなドイリー、お部屋のちょっとしたところで大活躍間違いなし!どれも一枚1000円前後!かなり負けてもらい購入!

Ima もうひとつはこの陶器。

ふと、目に留まってしばらく悩んでたんだけど値切りの交渉開始!ついていた値段より1700円下げてもらって商談成立!

一緒にいたNさんたちに、何でそんなに値切るのうまいの~?大阪のおばちゃんよりすごい!と言われてしまったσ(^◇^;)

この器は果物入れたり、パンを入れたり、お刺身とか盛り付けたり、何かいろんな風に使えそうで、またブルーのバラが今後のトールの参考にもなるだろうと言うことで買ってしまった。

今はリビングのテーブルの真ん中に何も入れずに置いてある。眺めているだけでもなんだか嬉しいんだよね!

私はあまり物を買わない、置かない、という感じで今暮らしてるんだけど(掃除が大変だから)

でも心がほっと和むようなもの、好きな物を身近に置いて暮らすということはとても大切なこと。本当に好きなものだけを傍に置いて大切に暮らす、と言うことがどんな便利社会になっても人には必要なんだと思うな~。

ということで、このボロ市で上記の品物総額1万円。もっと吟味すればいろいろと心のアンテナに引っかかったのかもしれないな~。来年はリュックでも背負って、訪れようかしらね、もちろんFさん宅で休憩もして!!(⌒^⌒)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

ミニチュア

先週の土曜日、大坂セミナーだった。

そこで久しぶりに会ったゆうすずみちゃんから、とても素敵なプレゼントをいただいた。Image1

私の作品がミニチュアのドールハウスになっている。

フレームの天地とライターを比較してみるとわかるように、小さな枠の中に小さな小さなモチーフが信じられないほど精密に作られている。

見れば見るほどリアルでそれらしくて、正確で丁寧ですごい作品である。プロの仕事という感じで素晴らしい!

Image2 質感も本物そっくり。モスのベアなんてどうやって作ってるの?という感じ。細かい文字はどうやって書いたんだろうと、見れば見るほど感心するばかり!

トールよりずっと緻密で大変な作業なんだろうな~

手先の器用さとか根気とか、観察力のようなものや発想の豊かさなんかもいるだろうし・・・

自分で作ろうなんてとても思わないけれど、見ているだけで楽しくなってしまう。

ゆうすずみちゃん、素敵なプレゼントをありがとう!大切にします!!

ミニチュアドールハウスのLittle DaisyさんのHPは↓是非素敵なギャラリーを見に行ってね!

http://www.eonet.ne.jp/~littledaisy/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

お宅訪問

トール漬け・仕事漬けの日々の中

なかなかプライベートな遊びの時間を作れないでいるのだけれど

今日は、昨年から約束していたFさん(元スタッフ)宅を訪問する日。_002_1

彼女は2年前、世田谷区に越したためにT-POCKETの通勤スタッフではなくなったけれど

いざという時いつも協力してくれる心強い仲間。

銀座三越の「くらしを彩る~~~展」の時も、彼女のセンスに助けられ、素敵なコーナーを作ることができた。

そんな彼女の住むコーポラティブハウスは、とてもおしゃれで素敵な空間だった。

トールもここぞと言うポイントに飾られて、グリーンやアイアンの小物たちとマッチしていた。

全部を見せることはできないけど、ちょっとだけ皆様にも公開!!

けして広い家ではないけれど、自分の好きなものをうまく取り入れて居心地良い暮らしを作ってるという感じで見習いたいな~と思いつつ写真を撮った。

ほかにも随所が素敵なんだけどね!見せられなくてざんね~~~ん(ノ_・。)

_003

おめざでNo.1になったというチーズケーキを頂いた後、美味しいおすし屋さんでのランチ。世田谷ボロ市でのお買い物、手作りのベークドチーズケーキでティタイムとあっという間に時間が過ぎ、予約していたピロシキをお土産に世田谷を後にした!

仕事がらみでしかなかなか出かけない私だけれど、今日はちょっと気分がリフレッシュ!

そして、我が家ももっときれいに片付けて、居心地良くしたいものだと思ったのであった!

_004

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年1月10日 (水)

描き終えた瞬間

すぐにこのブログに来て、やったーっと叫ぶつもりだった!5日の早朝、私はついに37個の作品を全部デザインして仕上げた!

一ヶ月前の12月初旬には一つも出来ていなかったのに、だ!!

本当に描ききれるのか、という一抹の不安を抱えながらも

いや、私なら絶対何とかなる(今まで全て何とかしてきたから)という楽観的な考えでひたすら描いてきた。

特に教室やセミナーが一段落した12月後半からはすごいものがあった。

家の中も資料や作りかけのデザイン、トレペ、素材があちこちに散乱し始め、そうなるともう掃除もどうでも良くなってくるので、年末の大掃除はパス!

5日の朝描き終えた瞬間、腰に異変が!!前に曲がらず激痛!これはまた以前にも経験したぎっくり腰の症状。

でも休んでいられない。この作品郡を事務所に運んで、仕上げのニス塗りや梱包をスタッフに手伝ってもらって、この日のうちに発送する予定なのだ。

激痛に耐えつつのろのろと作品を運び、事務所でコンテンツごとに並べて、後々のインスト作りのためにデジカメで写していたら、スタッフMさんが早々と初出勤!

事情を話し、あとは彼女に任せて家に戻り、ゴミだし開始。曲がらない腰で玄関の階段が良く見えなかったせいか、(単にそそっかしいというせいでもあるが)思いっきり踏み外して、勢い良く転んだ。ものすごい痛みでしばらく起き上がれなかった。モチロン泣いた。お尻を打ちつけ、右足を捻挫したらしい。歩くことも困難な状況に・・・。でも泣きながら足を引きずりながらゴミだけは出した。(だって年末から持ち越してたんだもの)

長野に遠征に行ってる娘にメールしたらみんなで回し読みして大爆笑したって!フン、なんて冷酷非情なやつ!同情を買おうとした親の私が馬鹿だった。

一人でおとなしく寝てることにした。夕方、鼻水と微熱も出て、どうやら風邪をひいたみたい。

作品が全て描き終えた開放感に浸り満足感でいっぱいのはずなのに、何だか惨めな1月5日の出来事・・・。

そんな年明けのエピソードを経て、今は若干違和感のある腰を抱えながらも、まあ動ける程度に快復!家の掃除も適度にやって一応すっきり!今日から仕事も本格的に復帰で、やること溜まってることを一つ一つ片付けていこう!

そんなこんなで皆さん、今年もおっちょこちょいでちょっと変な私をよろしくね!2007109_1

トールペイントだけはまともでいられるように努力するから!!

小さいけど新刊本の作品群、ちょっと見せちゃうね!

たった12色で丸ごと一冊。究極は2色で描く、なーんて言うのもあったりちょっとしたアイデアがちりばめられた作品達。

楽しんでもらえると思うので是非買ってね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »