« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月19日 (火)

静岡用

静岡用

くらしを彩るトールペイント展の静岡会場では無料講習が予定されていて、その作品が明日までだったので急遽描いた!一個でよかったのに楽しくなって、見本で渡された素材全部に描いちゃったよp(^^)q

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

たくさん描いたけれど

たくさん描いたけれど

これはその一部
売れていきました

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今日はデモ

今日はデモ

午後から描きまくった〜

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

出口のない海

明日から映画公開というこの物語。Dewguti (半落ちの横山秀夫著)

ずっとこの本のことをブログに書きたかったけど、後回しになっちゃって、今日、やっと書けた。

私が読み終えたのは、丁度今年の甲子園で早稲田実業が死闘の末の優勝を勝ち取った頃・・・。そして、斉藤投手に注目が集まり、マスコミの話題が集中していた頃・・。

そう、この本の主人公並木浩二も、かって甲子園の優勝投手だったのだ。それは61年前の第二次世界大戦の時代。

その投手が、ひじを痛め復活する夢を抱きながら、魔球を投げるための練習を始める。誰もが魔球なんて、とどこかで思う中、並木はあきらめない。

・・・が戦禍は逼迫し、ついに並木の元にも召集令状が・・。

そして彼は、日本が苦しい戦いの末に編み出したとんでもない兵器「回天」に乗ることに・・。起死回生を狙った最終作戦は、あまりにもお粗末で、あまりにも残酷である。人の命と引き換えに、何が手に入るのか、と今のこの世の中の誰もが思うような浅はかな作戦。

回転は人間魚雷。

その回天の存在を、今の日本でどれだけの人が認知しているだろう。私も知らなかった。

神風特攻隊は飛行機だが、潮風特攻隊と呼ばれる回天の存在は当時の日本にとっても極秘だった。

人の命の重さ。時の大切さ。平和のありがたさ。

そんなものをひしひしと感じさせてくれるこの物語。

あまりにも過酷であまりにも残酷な戦争の悲劇。そこに自らを投げ出すことになる若者たち。

今、ブラウン管で見る輝かしくまぶしいばかりの早稲田実業斉藤投手と、61年前の夏、二度と戻れないと知りつつ回天に乗ることになった並木投手。私は今回、この二人を対比しながら読むことになってしまったが、二人には何の罪もない。時代という流れの中。国策の中で、こんなにも運命は変わる。

今、日本は平和なのだ。その中で、思いっきり好きなことが出来る人生はありがたいんだな、と改めて思った。

ただこういう本を読んでいつも思うのは、物がなく自由もなく選択のない時代の中でも、若者はそして人々は気構えや気骨、ひたむきさや懸命さを持ち、その一瞬をかけがえのないものとして生きている、ということだ。

平和ボケの中で、どこか満たされすぎていて夢もなくした今の若者と違った「形と気持ち」が見えてきて、そこだけは何故かうらやましく感じたりするのは不謹慎だろうか?

明日から公開の映画も是非観てみたいと思う。たぶん、涙なしでは観れないことだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年9月14日 (木)

搬入と飾りつけ、無事に完了

1111 いよいよ今日は暮らしを彩るトールペイント展の搬入日!

この日のためにかなりの時間を割いて準備に明け暮れてきた。

昨日最後のチェックをしたら、色々持ち物が増えたので車で行くことに・・・。

そして朝10時過ぎより、銀座三越8階の催事場でお手伝いのスタッフ数名と、部屋作りを開始!

腰壁を設置して、家具を配置して、あれやこれやと作品を飾り、

お昼休憩の後、花屋さんでグリーンを購入しそれらをさり気なくあしらって私のリビングは完成した!

最初に書いたラフスケッチのとおりに仕上がり1112 とってもいい感じだと思うんだけど・・・(^^;)

家具は私のデザイン通りにやまちゃんずはうすが制作してくれて、この家具と腰板のお蔭でとってもまとまった部屋になってるので、是非是非沢山の方々に見てほしい。

細かいところまで色々気配りされたナチュラルリビングは、とても癒される空間になっていると思う。

他の先生のお部屋もそれぞれの個性が出ていて、センスと工夫がありとても素敵だから、どうか楽しみにしてね。ゆっくり観ていたら、きっと時間がたっぷり必要かも?

それと、T-POCKETのブース、エスカレーター前で、展示会場の出口真正面。

とても良い位置にあって、見やすく商品が並んでいるのでこちらも是非立ち寄ってね!オリジナルのお買い得ウッドも沢山あるし、私の原画もいっぱいあるのでゆっくり選んでくださいね!

1113

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

GINZAをテーマに・・・

この作品2点がどうにもまとまらない中

悩みに悩んで、結局銀座は描けなかった・・・。

写実画で銀座の和光や並木通りを描いても

どうも私の作風からは離れていくようで気持ちが乗らない。

そんな苦しみの数ヶ月・・・を経て

先ほど仕上がった(ホッ==3)作品がこれ。Ginza1

いまの私の精一杯かな。すっごく時間がかかった~~~っ!!

どこが銀座???って思うでしょうね。

でもなかなかおしゃれな感じですよ~!!

暮らしのトールペイント展で販売するので

もし気に入ってくれた方がいたら嬉しいけど・・・。

  Ginza2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

福岡セミナー中に

福岡セミナー中に

寄せ植えの作品がまたひとつ完成☆

三越に飾ろうかな?(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

リビングの小物作り

Mitukosikazari 凝ったトールじゃなくて

さり気なくお部屋になじむものを合い間合い間にコツコツ作った(画像はその中の一部)

だけど「まだ、足りない気がする」と

そうは思ってももう制作時間は実質無いんだけど・・・。

本当は今月6日着で全部送るはずが、すっかり13日でいいと勘違いし

私だけ12日まで伸ばしてもらうことに・・・。

だから他の先生方は、お部屋作りの作品をもう送り終わってすっきりしてるはずなのに、私だけまだジタバタしてます。

開催期間が秋だというのに、なんか清々しい感じになっちゃって

これもちょっとどうよ、って思いつつ、当初のイメージを大事にしながらナチュラル感いっぱいのリビング、頑張るしかないよね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

作品販売

久しぶりに今まで描いた作品の中から

選りすぐったものに更に手を加え完成度を高めて販売します!

カレンダーの原画・セミナー作品・雑誌掲載作品などなど・・・。

来週から始まる三越の「暮らしを彩るトールペイント展」

T-POCKETブースにてご覧くださいね!Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

誰と飲んでるでしょう?

誰と飲んでるでしょう?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »