トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

インターネットのお勉強

でパソコンにへばりついていた。

通信講座を開始するならネットをうまく利用してやってみたいと思っていたので、

CGIプログラムを駆使して運営してみることを踏み切った。

が、ノウハウをわかってるわけじゃないし、初めての試みなのでいろいろ大変。

専用の新しいサーバーも借りた。まだ発展途上だけどトップページも作ってみた。

テンプレートを借りてきて、カスタマイズしただけだけど、なかなかさわやか?

でも、パソコンのプロじゃないし、細かい字を見てるだけで頭が痛くなってくる~~~~~(ーー;)

絵も描かなくちゃだし、キーも打たなくちゃだし、

あちこち出かけなくちゃだし、走らなくちゃだし、手も足も口も休む暇がない・・・

ブログ書いてる場合じゃない??(;^_^A アセアセ・・・

こんな忙しさの中で生きてる私。「もう一人自分が欲しいーー!!!」なーんて事務所で叫んでしまった。

こんな私を、スタッフはとってもよくサポートしてくれてます!

と言うわけで、毎日時間と戦いながら、出来ることを進めてる日々なのだ。世間は春休みだよな~~。

| | コメント (0)

2006年3月30日 (木)

娘の事

全国大会のあと前十字靭帯断裂という大怪我をして、高校へのエスカレーター式進学を躊躇していた娘。全国制覇を狙うような高校に、自分のポジションはないだろうということと、学校の体質が合わないということで、できれば他へと思ったようだ。

でも学校側からは、外部受験となると、受験勉強もしてないわけだし、まして怪我人ではスポーツでアピールも出来ないから合格は厳しいのではないか、そんな博打を娘さんにはさせられないでしょう、という説得を受けていた。手術も控え、リハビリの事もあるのにこの上、受験という負担を娘さんに負わせるのか、高校でも必ず娘さんのプレーヤーとしてのポジションがあるから、ここで頑張って欲しいと監督・顧問・学年主任から口々にアドバイスをいただいたのが12月初め。

12月11日、福岡教室に向かう前に、今の高校で頑張ろうよ!と私は娘に言った。散々悩んだけれど、危険な賭けはさせられないという親心からそう言った。この日は入院の6日前だった。娘も大人たちに言われて、万が一受験で落ちた場合の事が不安なのと同時に、手術後の未知数の自分をわかってくれる今の学校が良いのかもしれないと思い始めていて、わかった、じゃあ成徳で頑張る、と言ってくれた。その目は何だろう、淋しそうだった。輝きがなかった。私をそれを見ない振りして福岡に向かった。

その夜、福岡教室の忘年会の最中、ミニバス時代に縁のあったコーチから電話をいただいた。K先生という千葉では有名なバスケットの顧問に会ってみないかという話だった。全国大会での娘のビデオを見た上で、また怪我の事もわかった上で、これからのことを考えてくれるという話だった。良い話だが、中学側には二日後に内部推薦で進学するという書類を出す事になっていて、もう時間がないし、今日、娘と外部は受けないと決めたばかりだ。でも、その決心も揺らぎ始めた。今福岡にいる事など話し、では明日の夜、こっちに戻ったら何とか時間を作って会いましょうということになった。

次の日、福岡教室が終わって、私が羽田に戻る時間に娘に空港で待っててもらい、そのまま車で指定の場所へ。そしてK先生と対面し、いろんな話をした。まっすぐに目を見てきちんと受け答えをする娘の姿勢を褒めてもらい、是非自分が育てたい、と言ってくださった。そして自分が今度移動するであろう高校を受けてみないか、ということになった。そこはバスケットが千葉でBEST3に入る学校だったために、娘はそのチャレンジをしてみたいと言った。

ただし、公立なので絶対に受かるということはないし、自分も絶対にそこに移動するという事もない。そこをわかった上で決めて欲しいということだった。帰り道、娘が「お母さん、あの先生はすごいと思う。言ってる事に筋道があって意味が良くわかった。あの先生についていきたい」と言うので私も腹をくくった。落ちたら落ちたでその時考えればいいか、と。

翌日、高校見学に行き、K先生の教え子だというバスケの顧問にも会い、急転直下、私たちは公立高校の受験を目指す事になった。入院二日前の事だ。中学の先生方にはひとりひとりに、この事とその時の気持ちを紙に書いて報告した。外部受験となると風当たりが相当強いし、先生方からの協力も得にくい。険悪な空気になった例も過去に沢山あるらしい。そういうムードになって欲しくなかったし、これからも気まずく顔を合わせるのは嫌だったので誠意をこめて文を書いた。

そして、中学の方からも了承を得て、娘は16日に入院。19日に手術。1月19日退院、2月7日に受験と進んで、どうにか志望校に入った。K先生には何度か電話で精神面のアドバイスを受け、娘もその言葉を真摯に受け止め頑張った。そしてやっと今、軽いランニングとシュートをしに、高校の練習に参加させてもらいながら、K先生が赴任してくるのを待っているという格好だった。

だが昨夜、K先生から電話があって、今回移動が見合わせになったので、娘さんをを見ることが出来ない、期待させて申し訳なかった、だが、来年はその高校に移るかもしれないから、自分はいないけど頑張ってくださいという内容だった。うーーん、ショック。娘もがっくりきたらしい。

でも、K先生と縁があったお陰で、今の高校に入れたのだから、娘は求められているプレーヤーとしての力を最大限に発揮して頑張るしかない。昨年9月から半年以上ずっとずっと迷いながら、そして怪我と戦いながら苦しんできたけど、もう迷わずにこの高校で、必要とされる選手に成長してほしいものだ。

それにしても、娘の人生も15歳にして、ジェットコースターのように起伏があって先が見えない。ミニバスの時でさえ3つもチームを移籍し、せっかく入った6年一環の中学を出て、また全く別の環境に身を置く選択をした。全部本人が決めてきた事だけどそのたびに、私も新しい人間関係や環境に慣れるのに必死。

また、新しい高校でいろんな保護者間での関係を築かなくてはならないのに、一回目の保護者会の日が仕事と重なっていた。

お母さん、友達や知り合いが出来ないよ、と言われたけど、追々培っていくしかないかな。通達された日に行けない環境にいる、というそんな親もあるのだと、知っていってもらうしかない。

| | コメント (0)

2006年3月29日 (水)

春のファミリーセミナー

Oyakokaijyounoyousu 約2時間でお母さんと子供たちと楽しくトールしながら作品を仕上げるこの企画。 今回は午前午後合わせて23組が参加してくれた。

今回、ベースコートとトレースのみ宿題を出したので、何だかあっと言う間に終わってしまった。この作品は今までに比べて難しいかと思ったが、なんと!とってもスムーズに進むので、良いデザインだったんだと自画自賛(^^)

子供たちは、何ていうのかな、迷いなく筆を進めるし、細かい事にこだわらず伸び伸び描くのがよいね。すごく楽しんでる感じが伺えて、こちらも嬉しくなってくる。それにみんな仕上がりも上手で、こんな風に子供たちとトールを楽しめることは幸せ!(#^_^#)

それにアンジュさんが、大サービスでお土産素材を沢山くれた。サービスしてくれた素材は、いろんな形のプランタースティックに、ドアノブのサインボード、キーホルダー各種などなど。子供たちは抱えきれないほど(?)もらってた。余った時間で子供たちが、それらの素材に自由に塗ったり出来たことも、とても良かったんじゃないかな?思わず私も手が出てしまったよ!ただでもらってバザーで売っても良いですよ~と斉藤社長も言ってたしね!

そのプランタースティックを使って、午後の部に来ていた男の子たち、なんと私へのプレゼントを作ってくれたのだ!

Oyakoseminerboys_1 絵の具で塗って、自分なりに工夫して縁取りなど施して、さらに「てるみ先生、ありがとう」なーんてメッセージまで書いてくれて、私に手渡してくれた。!!男の子には甘すぎるピンクのデザインを、素直に描いてくれた上に、思いがけないプレゼントまで、ということでとっても嬉しい出来事だった。

| | コメント (0)

そういえば・・・

マラソンに出かける前に、娘と自分にお弁当を作り、画像を撮ったんだった。

ぽよんちゃんじゃないけど(^^)、せっかくだからブログに載せておこう。

060324_202545 ・鶏のから揚げ

・アスパラの牛肉巻き

・ジャコ入り和風厚焼き玉子

・筑前煮

・天婦羅(えび・かぼちゃ・しいたけ)

・きゅうりの漬物

・ミニトマト

・ブロッコリー

・さらに梅・しそ・ちりめんじゃこのおにぎり

で20品目かな?(冷凍食品はこの日はなし)

我が家はいちおう、一日30品目摂取を目指してる。

精神・体調・頭脳の安定をはかり、やる気・根気・その気(?)が続くから!

教育は食育。食事の手抜きは育児の手抜き!

これは、本当にそうだと思う。

とは言っても多忙な私。完璧に出来るはずないし、その辺は肩の力を抜いて、楽だって手抜きだってしてる。頑張りすぎると疲れるから、出来る範囲でやれることをしてるだけ。

今回のお弁当はちょっと頑張ったから、ここに載せてみただけ。^^;

そしてこの日は夜、回転寿司に行ったわけだから、カロリー取り過ぎ?

| | コメント (0)

2006年3月28日 (火)

増産中p(^^)q

増産中p(^^)q

クラフトフェスタの販売品、とりあえずどんどん制作しないとね。

このコースターは、全てストロークだからとっても楽しい!

フリーハンドで同じものは二つとないから、それも描いてて楽しい♪

この楽しさがトールの原点だと思うな

| | コメント (0)

2006年3月27日 (月)

てんねんボケ悪化

昨日、マラソンから戻ってくると、娘がお寿司食べたい!と言うので、久しぶりに回転寿司へ。

焼きアナゴに、中トロ、あぶりサーモン、かんぱちなど、一皿250円のをまあ、バクバクと食べてくれるわ。(^▽^;)

途中、あなごあなご、と娘が言ってたのに、何故か中トロさび抜きを注文してて、

「お母さん、頭は前からおかしかったけど、いよいよ耳までおかしくなった?」なーんて言われる始末。

お腹がいーーっぱいになったので、「御あいそお願いします」と清算を頼み、、店員さんが来てお皿を数えた後に、私に向かって、娘を見ながらこう聞くのだ。

「失礼ですけどお子様ですか?」

「はい」(なんでわざわざこんなこと聞くのかちょっと不思議)

「ではこれをレジに」

レジで代金を支払い外に出たところで、思いっきり娘に言われた。

「お母さん、馬鹿じゃないの?お子様ですかって聞かれて、何ではいとか言ってんの?」

「だって、あんたは私の子供じゃん」

「あのね、すし屋の店員が、いちいち親子かどうか聞くわけないでしょ?他人の子と来てる人だっているわけだし。小学生以下かどうか聞いてたんだってば」

「え?そうなの?」

「ドリンクバーが小学生以下だと50円になるんだよ。だから、あたしの事小学生かどうか聞いてたんだよ。お母さん、はいとか言って、初め嘘ついてるのかと思ったら、堂々と大真面目に答えてるしね、しかも、なんであたし高校生になるのに小学生以下に見られなくちゃいけないの?」

「なんだ、あ、そうなんだ、じゃあいくら安くなったんだろ?」

「100円が50円になっただけだってば。50円ケチるのに嘘つく人もやだけど、お子様ですかって聞かれてる意味がわかんない人もほんと、困るね、そうとうやばいよ。病院行ったら?」

「なーんだ、そうだったんだ、お子様ですか?ってそういう意味ね、やっとわかったよ」

「わかるの、遅すぎ。店員さんが、お子様ですか?ってその人の子かどうかいちいち確かめるわけないじゃん。考えなくたって普通でしょ、それ。じゃあ、よその子供と来てたら、いいえ、違います、私の子供じゃありませんて答えるわけ?相当おかしいし。お母さん、ほんとに、悪化してるよ」

「ぎゃははは、でもあんた、若く見られて良かったね、喜べ!」

「この歳で若く見られたって、別に嬉しくないし。しかも小学生って言われて、マジ、やなんだけど」

食後はこのような会話で笑いながら帰ってきたけど、どうやら、ボケ症状かなりやばいかもっ。(-.-)

| | コメント (2)

2006年3月26日 (日)

走った\^o ^/

走った\^o<br />
 ^/

初参加のマラソン大会

5キロを無事に走りきった★
しかも予想タイムを5分も縮める記録(^_^)

私にしてはかなりスゴイ事だ!!

まだゴールじゃないの?という苦しい気持ち、あぁこうやって走れるってなんて幸せなんだろうという嬉しい気持ち


前へ前へと足を進めながらいろんな自分が見えたり、そして無になったり

そしてゴールの瞬間、誰も待っててはくれないけどね、全速力で走りきったよ


やればできるんだね、今の気分は『爽快』のひとこと!

| | コメント (5)

2006年3月23日 (木)

cc= cc=┌( ・_・)┘⇒ 走る

昨年の8月から、自宅付近の通学路を走り始めた。

毎晩、ほんの1~2キロ。それでも走る事はおろか歩く事も嫌いな私にはきつかった。

一ヶ月ほど続けた後、疲れが出たのか、福岡の作品展に向かう途中からおかしくなって

搬入の最中、発熱、その日の夜は39度。

その後、なかなか身体が快復しないので、走る事はいったん中止。身体のために、と始めた事で身体を壊しちゃ何もならないし・・(^▽^;)

11月に入ってから、入院前のトレーニングをする娘とまた少しずつ走り始めて、その後娘は手術し走れなくなったので、私一人で、時々走っている。

でも基本的に、雨の日、風の強い日、そして疲れきってる日はパス。雨にも負けず風にも負けず、なーんて言うほど自分に厳しくしてないし、自分を律してもいないので、まあ、気楽に出来るときにする、という感じだ。

おととい、5キロ目標に、江戸川の土手に行って走り始めたら、あまりの苦しさに、1.5キロでばてた。休憩してまた1.5キロ。それが精一杯で、どうにも情けなかった。走る前に「5キロ走る」と決めて、走れなかったのは初めてだった。

その情けなさから立ち直るために、昨日、名古屋から戻って走るつもりだったが、雨がザーザーでその気はなくなった。(ここが私の甘いところだけど、オリンピックに出るわけじゃないし、これって普通だよね)

そして今日、7時前に家に帰ったので、3キロだけでも、と走ってみた。目標は3キロ20分。颯爽と(?)走りきり、目標を達成。ヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい

でも走りながら、「誰かに言われたわけでもないのに、何でこんな風にひとり黙々と走ってるんだろうか?」という疑問符が頭に、ぱっと沸いてくる。「それでも、こんな事にも無駄は無いのかな」とも思う。そして「もしかしたら、無駄と思うような、誰にも評価されないような事の中に、人として生きる意味が隠れていたりするのかもしれない」、なーーんて大げさな考えにたどり着きながら、右足と左足を交互に動かす私であった。

さぼりたい気持ちと戦いながら、いつまで続くかな。そんなにムキになってがんばってないけどね。o(*^▽^*)oあはっ♪

| | コメント (3)

描きかけのばっかり

描きかけのばっかり

私は、一つの作品をじっくり描く事が出来ないペインターだ。

同じ作品にばかり向き合ってると、何だか飽きてしまうんだよねー(^-^;(根気が無い)

それで、だいたい3〜5作品くらい、並行して仕上げていく。

今はスゴイよ、8個以上一度に描いてて、↑↑これはその一部。

どこにどう使われるのか決まったのもあるし、未定のもある。

こうやって並行して描いていくと、気が付いたら一度にたくさん仕上がってて、時間的には相当速い!

まだまだ描きたいものが私の周りに溢れてるし、誰かに描かれてしまわないうちにと、気持ちだけは先に行ってて、でも右手一本ではなかなかねー・・・・。

ただ思ってるだけでは何も形として具現化してこないわけだから、毎日ちょっとずつ進めば、私らしいトールがまた残るよね!

というわけで、時間が少しでもある時、ちょっとずつちょっとずつ、筆を進めてるというわけ。

以上、事務所から送信→(^O^)/

| | コメント (0)

三郷木曜クラス

三郷木曜クラス

生徒のIさんが自宅で描いたアレンジを持ってきて見せてくれたo(^-^)o

玄関先に掛けて飾る為のリース。 WELCOMEの文字だと持っていかれてしまいそうなので、名前にしてあるんだってf^_^;

こんなふうに、自分の家で楽しむ作品を描いて貰えるのが嬉しい!

今、教室中なんだけどね、携帯から送ってみた〜

| | コメント (0)

2006年3月22日 (水)

月に一回の名古屋の日

名古屋教室が出来て、何年になるんだろうか?

もう相当、長いと思う。

月に1回(8月・12月を除き)私自身は休んだ事もなく、新幹線が止まる事もなく通い続けている。

最初の約束では2年、だったんだよね~(^_^;)

2年くらいなら、と思って始めた事がもう9年近く経つのかな~?

でも、つくばエクスプレスのお陰で、東京駅までが近くなり、名古屋への道のりもグーーンと楽になった。

以前なら「6時半前自宅出発⇒7時50分東京駅着」だったのが、「6時50分自宅出発⇒6時半東京駅着」

なんと家から40分で東京駅に行けちゃうのよ。ありがたいつくばエクスプレス。田舎の三郷市を一気に都心に近づけてくれた。

そして今日は、7時34分発車の「ひかり」のドアが閉まる瞬間飛び乗った。いつもなら、「のぞみ」なんだけど、「ひかり」でゆっくり行っても余裕だな、と瞬時に判断して乗ってみた。新発見!!「ひかり」も早いんだよ、のぞみと大して変わらない。

9時20分には名古屋に着いた。そのせいで、10時15分前には教室に着く余裕ぶり!

生徒さんに、「えええええ、もう来ちゃったの?」なーんて言われる始末・・・(-.-)早く来ちゃ悪いかい?(^_^;)

| | コメント (0)

2006年3月20日 (月)

どぶにお金を棄てた日

今日はヴォーグ学園・月曜クラス。そして、娘の高校の入学説明会。同時に二つの場所に行けるはずがなく、「お母さんの生徒さん、お母さんがいないと可哀想だよね」と娘が言うので、「そうでしょ?だから説明会は一人で行ってくれない?」と返してみた。「えええええ、そしたら、わたしが可哀想でしょーーーー??必ず保護者同伴て書いてあるのに~」「お母さん、たまには親らしい事してよね」というわけで、泣く泣くヴォーグを午前で早退して説明会に行く事に・・・。生徒さんは午後自習。みんなにやるべきことをいろいろ言い伝えてきたんだけど、みんな出来ただろうか?(^_^;)

高校そばの柏田中という駅で娘と待ち合わせた時間は午後1時半。新宿区市谷を12時に出れば、まあ渋滞でも間に合うということで、皆さんにお別れをして、ビルの外へ。

ところが、私の車がなーーーい。ΣΣ┗(|||`□´|||;;)┛ガーン!!

そう、レッカー移動されちゃったの。

ヴォーグビルのいつもの駐車場が工事のために閉鎖されてて、周辺の100円駐車場が満車だったために、午前中だけだし、ちょっとくらいと道の端っこに止めさせていただいたのがまずかった。(T^T)くぅ-

消えた車があった路上には、私の車のナンバーと、牛込警察署の電話番号がご丁寧に大きく大きく書いてあった。消したかったが時間がないのであきらめて、急いでタクシーを拾い警察署へ。そこでレッカー移動代+駐車代=14000円を払わないと返せないということで、そんな大金は持ち合わせているはずもなく、カードでも大丈夫と言われ、救われたようにクレジットカードを出した。そんな手続きをしている間に、娘は「今どこ~~~?もう柏田中に着いちゃった」なーんて言ってよこすもんだからあせるあせる。まだ新宿のしかも警察署にいるなんて、とてもじゃないけど今は言えない。

「駐車場は遠いですよ、バスで行ってください」と地図をもらい、そんな悠長な事はできないのでまたまたタクシーを拾って、私の車がある場所へ・・。これがまた渋滞でなかなか進まず、イライラ。

やっと車に乗ったのが午後1時近く。新宿のど真ん中から、柏のはずれまでどう考えても30分じゃあ無理。でも行くしかないので、ナビで高速の入り口を検索し、一番近い護国寺からスムーズに乗ることができた。車は順調に流れているので、娘に「高速乗ったから~、割と順調だけど少し遅れるね」と電話。ところが走ってるうちに何か変???この先渋滞5キロで通過に50分て表示。えええええええええ???

しまったーー、逆方向じゃないかっ!!!!50分の渋滞に、はまっていられないので、乗ったばかりの高速を飯田橋出口で降りた。そしてまた飯田橋入り口から乗って、今度こそ一路、柏へ。首都高⇒外環⇒常磐とぶっ飛ばし、あまりに待たされ過ぎて怒りまくる娘に出会えたのは1時50分。それでも新宿からここまで、道を間違えながらも50分で来るなんて奇跡的なのよ~。(^_^;)

高校に着いたのは1時58分。「2時までに受付を」という学校からの指示にはちゃんと間に合った。

ホッとして気が緩んだのか、体育館に入った瞬間、段差につまづいて大きくこけた。大丈夫ですか?先生方が寄ってきた。その時、恥ずかしさで助けを求めた私に対する娘の態度は、完全にイカってた。

だからーー親らしい事しろって、私に言っても無理なんだってばーー。(;´▽`A``

説明会で教科書が2万円と聞き、ぎゃーー高いと言ってたら、「お母さん、お母さんが今日、違反やら間違いやらで使ったお金に比べたら、ずっと安いし、意味のあるお金でしょう。お母さんの使った3万円はどぶに棄てたのと同じだよ」と言われた。返す言葉もなく沈んだ。

| | コメント (3)

2006年3月19日 (日)

今日は家事

今日は家事

朝から掃除して、片付けして、洗濯して、その後軽く走りに行って、資料整理して、おしまい

何にも画像ないのも淋しいので、我が家の階段を昇りながらパチリ★

左下の小さなバスケットボールは卒業式の日に、監督から貰った記念品。

似合わない感じだけど、娘がここに飾ったのでしばらくこのままにしておこう(^o^)

| | コメント (0)

2006年3月18日 (土)

やっと終わった、一週間

やっと終わった、一週間

ブログを毎日書こうと思うと、ネタ捜しも大変ね(^-^;

今日は土曜のヴォーグクラス、張り切って出かけたけど、お昼食べたあと、3時近くなってくると、段々疲れが…(^▽^;)

「職務怠慢だねー」などと言いながら、生徒さんに呼ばれてるのに、椅子に座って次の作業を指示する、なーんてひとこまも〜

口で言うだけで速攻わかってくれるから出来るんだけどね(傍に行って、見せる、確かめるなどが必要な時はちゃんと行ってますから、念のため・・)

昨日の教室では16種類、今日は11種類の作品を教えたので、お口が休む暇なし!

帰りの車の中で、今日のブログのネタはないなーと気が付き、なんかの足しになるかと、首都高速、運転中に池袋付近撮影!(良い子は真似しないでね)せっかく撮ったので載せてみたが、場所をとるだけであまり足しにも役にもたってないな、これは。(^^;; ひやあせ

いつものコースがスゴイ渋滞で、しかも空が暗くなり雨がザーザー降ってきた。このあとグルッと回り道して、どうにか6時に我が家に着いた。本当は作品に使うリネンと貝ボタンを途中で買い物する予定だったけど、早く家に戻りたくなって、寄り道は挫折。

家に着いたとたん、もう、口もききたくないって感じでぐったりして、ベッドに横になってたら、娘が「腹へった〜」と帰ってきてしまい休息断念(ー_ー)!!

さてと、夕飯お風呂、終了。今日はこのブログ送ったら寝よっと!

| | コメント (0)

2006年3月17日 (金)

あれもこれも・・

描きたいものが沢山。でもトールペインターとしての私に描けるものって限られてる。

「絵」なら描ける。 

写実画でもデザイン画でもイラストでも、「絵」として「自分だけ描ければよい」というなら、きっと私、結構うまいと思う(※小学校~専門学校時代、さらにデザイナー時代の、●十年前の評価に基づく?)

トールペイントは絵というよりクラフトで、みんなにも楽しんでもらう、真似してもらうのが前提で

これは、描く側としては結構、制約されるような気がする。

でも、絵が描けない、デザインが出来ない、そんな方々が筆を持って楽しめる趣味であって欲しい。

気楽に気軽にやってみようかな?って思えるような敷居の低いクラフトであって欲しい。

そんな事を思いながら、作品を描いていくと、好き勝手に描く絵やイラスト、アートとは違って

図案や色、筆の動かし方など、人にも伝わるような計算が必要になってきたりするから、

おっと、、これ以上描きこむと説明できないなとか、文に表せないな、とためらい、筆の動きも止まることが多い。

それはそれで、引き算しながら、加筆したい欲を抑えながら、どこまで作品に命を吹き込めるか、トールの作家としては腕の見せ所なのかもしれない、と思っている

トールペイントの間口を広げるために、私の図案が少しでも役立って欲しい。

この伝統あるクラフトは、時代に合わせた部分も必要だし、人々の心に響く部分も必要。

試行錯誤の日々の中で、頭の中には描きたいものがあふれてくる。でもそれが形になっていくのは10のうち、ひとつくらいしかない。

全部形にできて作品として残せたら、自分でもすごいと思えるんだけどね。そんな力は私に備わっていなかった。(^▽^;)

| | コメント (0)

2006年3月16日 (木)

娘の卒業と入学準備

Imagehutari 今日は娘の中学の卒業証書授与式。6年一貫教育の中学なんで、卒業式じゃなく証書授与式で式の内容もかなり簡素化されていた。ほとんどの人がそのまま高等部に上がるから、涙もないしね。

でもとっても素敵な担任とクラスメイトに恵まれ、式の終わったあと、娘のクラスだけ、校庭でロックソーラン節♪を踊った。まだ、手術後の運動を止められてる娘は、見てるだけにすると言ってたけど、結局、輪の中に入って踊ってた。終わったらバスケ部の保護者と子供たちで会食する場所が設けられていたんだけど、3時までに高校の制服採寸に行かねばならず会食は断念。(涙)

私たち親子は中学を離れるから、これが最後という事で参加する気満々だったんだけど、みんなにお礼を言ってお別れ。きっとまた、同じバスケを続けていけば試合会場で会えるし、なんたって今年度全国1位の高校にみんな行くんだもの、その活躍は雑誌でも見れる事だろう!

さて、制服の採寸に高校に向かい、もうすぐ着くというところで、

「お母さん、学校で採寸するわけじゃないからね」と娘のひとこと。

「ええええええ?うそ?じゃあどこでやるの?」

「忘れたけど学校じゃないよ」

「え。じゃあ、どこよ。そんなの聞いてないよ」

「説明書に書いてあったでしょ?」

「え~~~、そうなの?なんでそれ持ってこないの?場所、わかんないじゃないの!!!」

「は?お母さん親でしょ、ふつう、そういうのは親が管理するものでしょ?」

「お母さんが当てにならないってのは、あんたが一番良く知ってるでしょ!!」

ここで親子喧嘩しててもしかたない。

その説明書を取りに家に戻ろうかと思ったが、もう高校のすぐそばに来てたので、恥を忍んで聞いたほうがお金と時間のロスがないと気がつき、高校に向かった。高校の事務員さんが目を丸くしながら教えてくれた場所は、10キロ近く離れていた。(-。-#)・・が、ナビの指示で無事到着。でも思わぬトラブルで昼飯も抜き!

制服姿の娘と、とりあえず正装の私は、会場で浮いていた。どこももう卒業式は終わってるから皆さん普段着のラフな格好。「なんか私たち、目立っちゃったよね~~(;´▽`A``」と言いつつ、無事に帰ってきた。私立でそれなりに洗練された制服&体操服を経験してきた娘は、超ださい、変~~、何これかっこ悪い、と悪い口が止まらなかったが、あきらめてもらうしかない。

それに、冷暖房完備の私立から、季節の温度をそのまま肌で感じる公立高校への進学。友達との遊び場も、池袋、上野、渋谷などだったのに、今度はめちゃめちゃ田舎(に思える?)利根川のほとりに通うわけで、コンビニさえも不便そう。(^▽^;)

本人も「お母さん、わたし、田舎の高校生になるから」と、これからの決意を表明してくれた。高等部にそのまま上がったなら友達にも環境にも慣れていたのに、新しい学校に順応するまでちょっと親子でバタバタするのかも。そして足が治ったらこの高校でもバスケバスケで、休む暇もないんだろうな~~~。

でもとりあえず、昨年から怪我⇒入院⇒手術⇒退院⇒療養⇒受験とめまぐるしい日々を送ってきて、今日でまた1歩前に進んだってことかな。しかし、今日は疲れた~~~~!!

| | コメント (2)

2006年3月15日 (水)

実演販売はどうだろうか?

クラフトフェスタと言うものがどれだけ集客力あるのかは不明(一週間後にホビーショーもあるし)、でもやるとなったら、出来る限りの準備をしないと・・・!!とは思いつつそれだけやってるわけじゃないしね~~、HPのほうの更新も一日に少しずつでもやらないと、溜めてしまうともう見たくないし・・・。

今日は夕方、講師科の添削を全て返却して、スタッフTさんが帰ったあと、集配の郵便屋さんを待つ間、ひたすらペイント!そのうち夢中になり、娘から「駅まで迎えに来て~~」とメールが来ても無視し、電話が来ても「バスで帰って来てッ!!」と突き放し、そして出来た試作品がこれ・・・。

Image 何かと言うと、ハート型のコースターにフリーハンドでお花を描いたもの。

下準備しておいて、イベント期間中、私がいる間はデモも兼ねてひたすら描きまくる!出来たものから2枚1000円で売る、と言う案はどうかな?と思いついたので描いてみた。

なかなか可愛いんだけど、4枚描くのにやっぱ、1時間近くかかっちゃうんだよね~~。ただで配るのならともかく売り物と思うとそれなりに気も使うし・・・。ストロークの腕を今よりもっと磨いたとしても、一日に20枚くらいしか出来ないかな?となるとあまり効率はよくない?

当日までに50枚くらいストックで作っておくほうが良いのかもね。そんな時間はあるかな~~?

と言うわけで、まだまだ試行錯誤は続くのであった・・・。

| | コメント (0)

添削中

添削中

通信講師科の課題・山積み状態↑↑

毎月二回締め切りがあって、14日がまずその月の一回目!

だから今日は恐怖の添削日 ~♪

机に座って課題の山にひたすら目を通してるのだ

やってもやっても終わらない〜(^-^;

| | コメント (0)

2006年3月14日 (火)

手作りの祭典・クラフトフェスタ

華麗なる手仕事の祭典・クラフトフェスタというすごいネーミングのイベント。日本テレビに東映に日本ヴォーグ社、読売新聞社などが加わりなにやら大きな手作りの祭典ということだ。

そこに出展ブースを出すことを決意(?)したT-POCKET。

私はこういう販売ブースというのは、昔、デパートなどで数回やったことがあったけど、苦労の割りに儲けもないし・・・という感じでずっと引き気味だったが、

今回、せっかくの埼玉でのイベントだし、トールの輪を広げたり、お祭り気分で盛り上がる事も必要か、ということでスタッフとも相談して出展してみることに!

そして今日、スタッフと共に埼玉アリーナに行き説明会に参加した。

アリーナの会場を見せられても、漠然としててなんだかよくわからないし、説明もこと細かいんだけど、なんか頭に入ってこない。とりあえずブース抽選は、3番目(入金が早かったのと2つのブースを借りたから)で、搬入口に近い角が当たったというか選んだ?体験や販売用にいろいろ什器をレンタルするわけだけど、その一覧を見てても、うーむ、何でもかんでもお金!がかかるんだな~~ってこと。

それに見合った儲けを求めたり、ケチケチいろんなことを渋ってたら、こういうイベントに参加して楽しむのは難しいのかも・・・。

T-POCKETのトールペイントを通していろんな人が交流を持ったり、暖かい気持ちになったり、トールの輪が少しでも広がってくれることを何よりの目標にして、不慣れなイベントだけど、参加するからにはとにかくがんばらなくては!

帰りに深山喜代美先生に会って、彼女もブースを出すとのことでとっても心強い!

さて、何をどう企画してどんな風に進めようかな?体験作品や、新作デザインパック、限定品など考えないとね。

| | コメント (0)

思わぬ人気?

Brogyou100円雑貨にちょっとだけペイント」という本の作品制作の依頼が来たとき、それに使う100円素材は各作家が探すということだった。

私も素材探しを始めたが、スタッフにも適当なのあったら買っておいてね、と頼んだ。

このプランターカバー、スタッフMさんが買ってきてくれたのだけれど、元は、こげ茶色のザラザラな木で、面積的にも描く所ないし、「こりゃあ、使えないな」とペイントする候補から却下。

他の素材に描き進めていくうちに、Mさんが(見かねたのか)

「先生、これ使わないんですか?」

「これ~~?んーーーー描くとこないジャン」

「これこそお勧めですよ。白っく塗って何か描いたら、今の先生の世界にぴったりじゃないですか~~?」

「おお、そっか、そうだね!そっか、白く塗る、か。それいいね。」

そういう主旨があって、これを選んで来たのね!?と鈍い私はやっと理解・・・(;´▽`A``

「でしょ~~~?これは絶対いいと思って買って来たのに、先生、いつまでたっても描かないんだもん」

というわけで、何の変哲もない100円素材の茶色いプランターカバーが、荒く白く塗って、アイビーをさっと描いただけで、素敵にかわいく変身。更に使い勝手が良く、私のHP交流広場でもとっても受けが良いみたい。

Mさんが一押ししなかったら、たぶん隅っこに追いやられ、このように本に載って脚光を浴びることもなかった素材。私にとっては魅力的に見えなかったものが、Mさんのお蔭で、人気素材になったのだから、その視点に感謝!!

でもこの素材、売り切れ店が多いらしい。本の影響とは思わないけれど、意外に皆さん、便利に使ってるのかな?

| | コメント (0)

2006年3月13日 (月)

消しゴムハンコ

Hankogazou

福岡教室の生徒、Sさん作。

可愛い!でも細かい★

百円ショップの消しゴムをカッターで掘るんだって !!

オリジナルマークを作品にチョコっとプラスするのに良いね〜(#^.^#)

| | コメント (4)

2006年3月12日 (日)

最近惹かれるもの

Sinsaku1 アメリカンカントリーだと、赤に合わせる色は青とオフホワイト、そしてブラウン系のステイン。最近、赤を使っても、合わせて行くのは薄いグリーンやリネン系の天然色。

この作品はまだ途中だけれど、下にフックが三つついてキーやちょっとした小物を下げるために壁に取り付けて使うもの。実際に布で作るとしたら、リネンやリネンテープ、刺繍糸にボタンなどを揃える手間があるけれどトールなら、絵の具ですぐに思い通りの組み合わせで描けてしまうから、そこが楽しい。刺繍してる気分でステッチをライナーで描いていくと、ほら、あっという間にシンプルステッチのバラも完成。

人口色ではなく、天然色の部屋、しかも少ない色でまとめた部屋。これからはそんな部屋に似合う作品をちょっとずつ自分のためにも描いていきたいなぁ(*^o^*)

| | コメント (0)

2006年3月11日 (土)

15年前の3月

15年前の3月・・・私はトールペイントなるものを初めて描いた。そしてトールペイントを人に教える、なんてことがお仕事になって早14年・・・

始めたころは自信もないし、キャリアもないし、当然技術もノウハウも何もない!あるのはトールが大好きという思いと、広めたいという情熱のみ!?そんな私が、生徒さんに教えるだけじゃなく講師まで育てるようになっていくとは、当時は思いもしなかった。

大体、人様を育てられるような性格じゃないし(この年になってもまだ自分が育ってない)あわてんぼうで忘れっぽいし、怠け者で大雑把で、面倒なこと細かいことがどうも苦手。こんな私でも、生み出す作品には、どこか人を惹きつけるものがあったらしく沢山の生徒さんに恵まれ、逆に育てられてここまで来た。

始めのころ、「先生はトールを始めて何年ですか?」なーんて聞かれると正確に答えてよいのかどうか・・・・・・・・・・・困った(^-^;  だって、まだ1年しかたってなかったりするんだもの。ああ、早くキャリアが欲しーーーー!!せめて5年と言いたい!その後、時々載った雑誌のトールの記事等でもトール暦3年とか5年とか、履歴を偽ったこともあったっけ。

ああ、ところがところが!!・・・偽らなくてももう15年、Σ(T□T)   今では、少し少なめに言いたいくらい。「そんなに長くやってるの?じゃあ、いったい幾つなの?」なーんて年齢を数えられることが気になるほどの歳月を、ひたむきにトールしてきたんだよね~~。

そして15年経っても、描きたいものがあり、描けそうにないものもありこんなに楽しいトールの履歴はまだまだ続き、とりあえず、トール暦20年は越えそうだな。うん。

| | コメント (3)

2006年3月 9日 (木)

スペル間違い

またやってしまった・・・(汗)

四季彩ペインティング、春夏号の作品。

「plesent of small nature 」 plesentの「l」は「r」の間違いだった~~~!

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

電話があった時はすでに遅し!表紙にプリントされてるなんて知らなかったけど

描き直しは間に合わないから、何とか印刷技術で直してくれたみたい。

出来上がってきた雑誌を見てみると表紙の作品はちゃんと「r」に直っている!中ページの方は文字部分を明るく飛ばして「l」が見えにくくなっていた。でも図案はしっかり「l」になってたけど・・・。

もし、この図案をを写して描いてくれる方々がいたとして、間違いに気づいて自主的に直してくれるかな~~~?英文のスペルはきちんとチェック!教訓です!

Sikisaiharunatu

| | コメント (2)

2006年3月 8日 (水)

さて、続くかな?

今日からブログに挑戦!3日坊主かも・・・・(・_・;)

ほとんどトール漬けの日々なので、毎日筆を持つことは出来るし、仕事でもPCに向かうけど、プライベートでPCに向かうことが出来るかどうか・・。

でも、日々何をして過ごしたのか、どんどん忘れていく今日この頃・・・。書き留めてでもおかないと「あっ」という間に月日は過ぎる。

そんなわけで日記代わりにウェブを借りて、どうってことのない独り言を書いていこうかなと、発起してみた。

さて、ペインターの私は、ここのところ、HPの更新に忙しい。CGIを使ってみんなの作品UPや更新情報など、なかなか見やすくアクティブになったと思うんだけど・・・。

このブログもいつかはリンクしたいと思いつつ、続くかどうか????なので、もう少し時間を置いて考えよう。続きそうになかったら、表に出すのはやめておくね。

カントリーペインティング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年4月 »